スポンサードリンク




2008年04月20日

アンドレ・ザ・ジャイアント (Andre the Giant)

本名 : アンドレ・レネ・ロシモフ (Andre Rene Roussimoff)
出身 : 1946年5月19日 フランス・グルノーブル
身長 : 223cm
体重 : 236kg
デビュー 1964年 〜 1993年 死去


身長2m23cm、体重236kg です。アンドレ・ザ・ジャイアント。

私も会場で一度、実物を見たことがありますが、ほんとにデカかったです。

すごいですよね。これだけでも稼げましたから。

1974年のギネスブックには「年俸世界一のプロレスラー」として、アンドレの名前が掲載されているそうです。

金額は40万ドルだそうで、当時の為替レート、1ドル:300円 × 40万 で計算すると、日本円で1億2000万になります。

1974年当時の1億2000万円ですから、すごい金額です。

アンドレの初来日は1970年の国際プロレスですが、新日本プロレスで活躍していた頃が全盛期と言えるでしょう。

どんなシンプルな技でも、アンドレがやれば強烈でしたので、試合を見ていても飽きることはありませんでした。

相手をコーナーに詰めてのヒッププッシュ、"二階からの" ヘッドバット、馬場の16文に対抗した"18文"キック。

フィニッシュホールドは、ヒップドロップ、エルボードロップ、ボディプレスなど。

ボディプレスは誰もが使う一般的なボディプレスなのですが、アンドレのそれはあまりに強烈だったため「ジャイアントプレス」と呼ばれました。

高山善廣のジャーマンスープレックスを「エベレストジャーマン」と呼ぶのと同じですね。

アンドレは新日のリングに上がっていた頃はヒールでしたが(アメリカではベビーフェイスでした)、第一線を退いてから全日のリングに上がり、馬場とタッグを組むようになると、今度はベビーフェイスとして大喝采を浴びるようになりました。

1993年、父親の葬儀のためにフランスへ帰国したアンドレですが、急性心不全のためパリのホテルの自室で亡くなってしまいます。46歳の若さでした。(長年に渡る過度の飲酒が原因だと言われています)

新日時代、アンドレの髪型といえばカーリーヘアが定番でしたが、あれ、実はカツラだったということです。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。